SSブログ
前の5件 | -

マイナンバーと保険証

マイナンバーカードと保険証の紐付けを考えてみたい。

例えば、糖尿病と高血圧症の管理が必要で
その方が、認知症を合併しているとします。
その上、最近になって圧迫骨折を伴う骨粗鬆症を発症。
ついこの前まで、入院されておりました。

薬は娘さんが、取りにいらしゃってます。
つまり、実話であります。


再来年には、原則として
全廃されるといいます。

すると、マイナンバーカードと保険証の紐付けをしないといけません。

この患者さんの場合ですが、保険証をマイナンバーカードと紐付けないとなりません。


ということは、まずはマイナンバーカードの制作からです。
オンライン申請
スマホからの申請
町にある証明写真機からの申請
の四つが方法としてあります。

この病態から、

町にある証明写真機まで出かけるのは不可能です。


すると、残る方法での申請になります。

これは、娘さんや動ける方がやってあげればいいでしょう。


とすれば、ここまでは行けることが分かりました。


では、オンライン資格確認とは、、

写真つきのICチップの情報と
医療機関にある認証機に顔を映して

本人確認と資格情報の確認を行います。


患者さんの本人確認が取れないのです。


いつもかかっている医院であれば

あの患者さんの娘さんだ

とわかるでしょう。

でも、はじめての受付さんであったりするとどうでしょうか?
もう、おわかりですね。


、、、、、ということです。。。




nice!(0) 
共通テーマ:健康

マイナンバー保険証 [医療制度]

マイナンバーカードと

医療保険証の紐付けを行い

国民すべからく保険証利用を

推進させるという強引な手法。


何故が強引かというと
医療保険とマイナンバーカードとの紐付けは

未だに、1800万人という数字を見ている。


国民皆保険という名目も

達成できない数字である。


これのどこが

安心、安全なのであろう?


また、資格確認という事は

診療行為の資格を確認するという事。

であるから、毎回のマイナンバーカードの提示が義務付けられる。


この資格確認のやり方自体

国民保険→社会保険や

社会保険→国民保険

あるいは、

各種保険から無保険になった事を確認するもの。


そのような目的で出来上がったものである。


保険証を廃止して

国民への負担増のどこに安心、安全があるのか?



nice!(0) 
共通テーマ:健康

薬局の在庫 [医薬品]

今回は
薬局の在庫についてです。

医師や看護師だけでなく、
薬剤師にも法律の縛りがあります。

医師法と同じように
薬剤師法というものがあります。

薬剤師法には以下の条文があります。

薬剤師法第 21 条
調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあつた場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない

では、薬局が調剤拒否できる正当な理由とは何でしょうか?

薬局が調剤拒否できる正当な理由とは
業務運営ガイドライン(H5.4.30 薬発第 408 号 薬務局長通知)

ア 処方せんの内容に疑義があるが処方医師・医療機関に連絡がつかず、疑義照会できない場合。

イ 冠婚葬祭、急病等で薬剤師が不在の場合。

ウ 患者の症状等から早急に調剤薬を交付する必要があるが、医薬品の調達に時間を要する場合。

エ 災害、事故等により、物理的に調剤が不可能な場合。



この4つが
厚労省の薬務局通達に
業務ガイドラインとして
記載があります。

つまり
在庫が無いというだけで調剤拒否はできないという事になるわけです。

ただ、
後発品を中心とした
流通障害は
3000品目にも及びます。

その為に
薬局に在庫がなくなってしまう→調剤できない

そこで対処法としては
麻薬薬などの特殊な薬剤
でない限りは、、、

他の薬局や問屋に在庫がないか調べたり、 調剤に向けた努力した上でどうしても手に入らないときのみ、拒否できると日本薬剤師会は考えているようです。

ただし、個人薬局などでは
調剤拒否をされる所もあるのは事実ではあります。

また、グループ企業などでは
比較的グループ内での、薬剤の融通があるようです。

薬剤の流通障害は確かに存在しますが、法的に規制が出来たわけでもありません。

むしろ、通常の医薬品では、処方が萎縮しないようにと言われてるくらいです。

実際に流れてこないのは現実であり、
患者にご迷惑をおかけしないためにも、まずは薬局の方々の努力な必要です。

次に医療機関側も処方内容を変更するなどの方策を取るべきでしょう。
しかしながら、処方内容の変更は、病態の変化に直結しますので、最終的なところになるのだろうと考えてます。

個人的な感想を綴ってみました。
nice!(0) 

新型コロナのよくある症状(個人的感想 [新型コロナウィルス]

単純に
わたしの経験則ですので
皆さんに当てはまるということは
ありませんので、ご注意を。




新型コロナの患者さんを診られてる先生や
実際に罹患されたことのある患者さんは
新型コロナの症状の経過がわかってると思います。


実際に
私がみていて、経験上の問題ですが
オミクロンの場合は特に
発熱や呼吸困難
などという進行した症状が
当初のうちは
出てこない症例が多いように思います。




発熱も呼吸困難もなく
咽頭も真っ赤に腫れてるわけでもなく
ただ、咽頭の両側がイガイガと
ずいぶん長い間続いてしまう。。。

ただ、なんでもないやね、、と思って放置して置くと

喉は真っ赤になってしまったりしてます。


こういった症状の方が
多いような印象です。



咳もない
熱もない
それでは、患者さんも

重症感がないですから
なかなか医療従事者におっしゃらない。



そう考えると
病院でも、
すり抜けてしまう患者さんは
きっと多いのかと思います。


それで、

感染をさらに広げてしまう。



発熱がなくとも
風邪のような症状や
上気道の気になる症状があれば
かならず医療機関に係る際には
受付に電話連絡をいれて
支持を仰いだほうがいいでしょう。








nice!(0) 
共通テーマ:健康

リフィル処方の注意点 [医療制度]

前回もお書きしましたように

リフィル処方は、

一枚の処方箋で複数回の調剤が可能になる仕組みです。


単純に

56日処方されていたとすれば

28日処方のリフィル二回という計算で

56日の処方となります。


患者さんは

診察料に関しては

56日に一回ですので

医療機関側にはかかりません。


では、調剤薬局としては

調剤ごとに

調剤料、薬剤情報提供料、がかかってきます。

他の金額がかかってくることもあるかもしれませんが

基本的にはこの二点は、毎回かかることになります。


ですので、医療費全体からしますと

患者さんの自己負担は若干上昇します。



ただ、リフィルは、調剤ごとに薬剤師が症状観察をしてくれるので

今までよりも、細かい観察ができるでしょう。



つまり

リフィルでは

一回目 医療機関と調剤薬局

二回目      調剤薬局のみ

三回目 医療機関と調剤薬局

四回目      調剤薬局のみ

という形になってくるでしょう。


とすると、

二回目も四回目も調剤薬局にはいかないといけません。

健康管理の為に行くわけですが、

どうせ近くに来ていただくなら、

医療機関としては、

診察をしたうえでの投薬ということを行いたい。




また、

このリフィル処方箋では

複数回の調剤が可能となるわけですので

・複数回使用しなければならないということは「処方を紛失
・次に調剤してもらう予定日に「調剤薬局に行くことを忘れてしまう」
という問題点も、ないわけではありません。

 

いいことづくめの変更ばかりではなく
場合によっては、非常に問題となる変更もあります。

 

 

 

                     

 

                              

 


nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -
ブログパーツ時計

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。